このページをとじる

【参加者募集!】スタディツアー2019「日本の難民受入れ〜多様な支援の在り方について考える〜」

難民問題が国際社会の喫緊の課題となり、日本においても難民への関心が高まっている中、難民事業本部(RHQ)は、3月6日(水)・7日(木)に「日本の難民受入れ〜多様な支援の在り方について考える〜」と題し、スタディツアーを開催します。
 今回のスタディツアーでは、難民支援に関する様々な関係先を訪問し、世界で起きている難民問題や日本の国内外での難民支援について理解を深めるとともに、支援現場のスタッフのキャリアパスや求められるスキルなど現場の声を聞きながら、多様な支援の在り方について共に考えていきます。難民問題を学ぶ機会として、また国際協力現場を志望する方々のキャリアのヒントを得る機会としても是非ご活用ください。

※難民事業本部は、インドシナ難民の日本への流入をきっかけに、難民の日本への自立定住支援を1979年より行っており、現在は、主に第三国定住難民と条約難民を対象とした、定住促進支援等に取り組んでいます。

1. 日程

1日目:3月6日(水)9:45〜18:00

講演内容

講演者

場所

世界の難民保護と支援について

国連難民高等弁務官事務所
(UNHCR)駐日事務所

国連難民高等弁務官事務所
(UNHCR)駐日事務所(表参道)

日本の難民支援と難民受入れ

外務省
総合外交政策局人権人道課

外務省(霞が関)

難民に対する定住支援について

西口里紗(難民事業本部)
小瀧雅子(難民事業本部)

難民事業本部 本部事務所(広尾)

2日目:3月7日(木)9:45〜18:00

講演内容

講演者

場所

RHQ支援センターで学ぶ難民

難民定住者

RHQ支援センター(東京都内)

海外での難民支援

特定非営利活動法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン)

特定非営利活動法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン)事務所

難民支援の現場から〜支援担当者として考えること

支援担当職員(難民事業本部)

聖心女子大学グローバルプラザ

(時間等の詳細については、別途参加者の方にお知らせ致します。)

(注意事項)
※時間・訪問先等は予告なく変更することがあります。
※自宅と現地の往復を含むスタディツアー中の事故、荷物等の損害について主催者は一切責任を負いません。また、宿泊の手配は主催者では致しかねますのでご了承ください。

(過去の開催の様子)

2. 参加費:無料(宿泊費、食費、現地までの交通費等の諸経費は各自ご負担ください。)

3. 定員:30名(要申込。先着順)

4. 申込資格:難民問題に関心があり、原則全日程に参加できる方。

5. 主催:公益財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部(RHQ)

6. お申込み
・お申込み締切:2月25日(月)(定員に達し次第締め切ります)
・お申込み方法:こちら → <申込ページ>

7. よくあるご質問

Q. 開催場所はどこですか?
A. 東京です。スタディツアー中は、難民事業本部(RHQ)本部事務所のある港区南麻布(最寄駅:東京メトロ日比谷線広尾駅)を中心に、各訪問先(東京都内)へ公共交通機関を使って移動します。

Q. 参加費はかかりますか?
A. スタディツアーへの参加は無料です。但し、スタディツアー中の移動費用(2,000円程度)や昼食代、また、遠方よりお越しになる場合の交通費や宿泊費は各自でご負担ください。宿泊先等についてもご自身にて手配いただいております。

8. お問い合わせ
 公益財団法人アジア福祉教育財団 難民事業本部(RHQ)
 企画調整課 担当:小林・西口
 E-mail:kobayashi-y@rhq.gr.jp
 TEL:03-3449-7011(土・日・祝日を除く9:30〜17:00)

皆様からのご応募をお待ちしております!

このページをとじる