難民事業本部
HOME情報の広場難民について知りたい>難民とは
ミャンマー語/Burmese 英語/English
難民とは ホームへもどる
 難民条約*注1では、難民を「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由に迫害を受けるという十分に理由のある恐怖のために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者又は受けることを望まない者及び常居所を有していた国の外にいる無国籍者であって、その国に帰ることを望まない者」としています。
 2015(平成27)年末現在、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)が保護と援助の対象としている難民・国内避難民は約6,530万人います*注2。このほかにも、多くの人たちが避難を余儀なくされていると推定されています。このような難民・国内避難民に対して、UNHCR を中心に、日本を含めた各国が国際的な保護と救援活動を行っています。

*注1 1951年の「難民の地位に関する条約」、1967年の「難民の地位に関する議定書」により、難民の法的保護、地位などの定義が規定されています。日本は1981年に加入。

*注2 United Nations(国連)による同年の世界人口推計は73.49億人となり、表紙にあるように世界では、113人に1人が難民という計算になります。

 現在日本には、難民条約に基づく難民として政府が認定した条約難民が、平成27年末の時点で660名いるほか、1975年のベトナム戦争終結後、インドシナ三国(ベトナム、カンボジア、ラオス)で発生した政変に伴い祖国から逃れてきたインドシナ難民(昭和53年〜平成17年までの間で11,319人受入)、さらには2010年から日本政府が受入れを開始した第三国定住ミャンマー難民(平成27年末までに105名)が我が国で定住しています。
  ホームへもどる