INFORMATION

2022.10.13

ウクライナの避難民の支援事業

日本政府は、2022(令和4)年3月から、ロシアのウクライナに対する軍事行動
により、ウクライナから近隣諸国等に避難している者を受け入れることを決め、
難民事業本部に本邦での生活を支援する業務を委託しています。2022年9月
1日現在、約1,800人のウクライナ避難民が日本に滞在しています。このうち日
本に身寄りがない人たちを中心に日本政府の渡航支援を受けて入国した避難民
に対して、一時的に滞在させる施設の確保や食事の提供、避難民へのヒアリング、
生活費の支給、健康診断・病院受診、日本語教育等を総合的に行っています。

関連記事

PAGE TOP