INFORMATION

2022.10.4

グローバルフェスタ2022で広報を行いました

グローバルフェスタは毎年10月6日の国際協力の日の広報の一環で、国際協力の必要性や現状について理解の促進のために開かれている国際協力機構(JICA)、外務省等が主催するイベントです。

2022年10月1日(土)、2日(日)の両日、難民事業本部が出展したブースでは、第三国定住制度による難民受け入れを広く知っていただくことを重点テーマに広報活動を行い、二日間を通して、多くの来場者をブースにお迎えしました。

同制度の広報用ビデオの放映や難民の作文などの展示物、様々な資料の配布により、多くの来場者に難民受け入れの必要性や目的などを知っていただく貴重な機会となりました。

特に広報用ビデオは来場者に好評でした。ビデオに出演している第三国定住制度で来日した難民の方たちのインタビューでは、『一時滞在国ではその日を生きることが不安だったが、日本に来ることで子供に教育を受けさせる夢がかない、毎日生きがいを持って生活している』など、この制度で日本に受け入れられたことで人生が救われたという難民の声が聞かれ、来場者からは、これまで知らなかった難民一人ひとりの心の内に触れて胸を打たれたとのコメントも聞かれました。

難民事業本部は、これらイベントでの広報活動の他にも、難民理解講座などを通じて、日本が行っている難民の受け入れと日本社会への定住を支援する事業の広報を行っています。

関連記事

PAGE TOP