INFORMATION

2005.5.30

国際救援センターの公衆衛生「食中毒予防」 日本では、食中毒を起こす菌は15種類も存在しています。特に夏には、食中毒が起こりやすい季節です。国際救援センター入所者にとって、初めての日本の梅雨、夏を迎えるため、2005年5月30日に、看護師が食中毒予防についての講義を行いました。52名の受講者は真剣な面持ちで参加しました。
食中毒の原因は腐った食物に付いた菌です。受講者に、『菌はどこに居ると思いますか?』と質問すると、意気揚々と日本語で「食べ物」や「お腹」と答えていました。 『菌が体内に入るとどうなりますか?食中毒になると、どんな症状になると思いますか?』と質問しながら、食中毒の症状、処置について話を進めました。 『下痢になった場合は、我慢しないでトイレに行きましょう。処置方法はとにかく水分補給をすることと体力保持に気をつけることです。スポーツ飲料や温かいお茶などを飲んで脱水を防ぎ、安静にしていましょう。予防は、食品の“消費期限”が過ぎたものは思い切って捨てること、牛乳・魚・肉・卵を買ったらすぐに冷蔵庫へ入れること、調理ではよく火を通し、また残り物を食べるときは再度火を通すこと、包丁やまな板を熱湯でよく洗うことです』などの注意を促しました。
昨年この時期に数名がセンター近くの川でザリガニを獲り、調理して食べてしまうということがありました。どうやら母国でザリガニを見たことがなく、形状からエビと間違えていたようです。今期生に一般の河川で育ったザリガニは食用ではないため、食べないようにと黒板に絵を描いて説明しました。 これからの季節は、食中毒の菌が増えやすくなるので、食品、特に生ものには注意が必要です。
ミニ知識:

“賞味期限”と“消費期限”の違いわかりますか? 現在はどちらも記入され、“賞味期限”とは美味しさの期限、“消費期限”とは品質の期限のことなのです。“賞味期限”・“消費期限”どちらもきちんと守りましょう。

関連記事

PAGE TOP