INFORMATION

2006.4.1

RHQ支援センターの業務

施設と対象者

施設 東京都内に2006(平成18)年4月センター開設。 センター施設近傍に宿泊施設を併設
対象者 法務大臣により難民として認定された方(条約難民)とその家族。 (ただし、今までに国際救援センターにおいて日本語教育等の定住支援を受けた方を除く。)

支援プログラム(概要)

コースの種類    
半年コース週5日、1日6時限学習(9:30〜15:40) (昼間) 日本語教育 572時限の日本語教育授業
1年コース週5日、1日3時限学習(18:30〜20:55) (夜間) 生活ガイダンス 日本での生活上有益な制度、習慣等の説明
  就職あっせん 職業相談及び職業紹介等

受講について

センターにおける各種支援プログラム、宿泊施設を利用する場合の宿舎費などを無料で提供。 (ただし、電話代や嗜好品の購入費等は自己負担。)

自宅からセンターへ通学による受講が可能。又はセンターの近隣地域に設ける無料宿泊施設からの通学も可能。 (ただし、無料宿泊施設利用は、半年コース受講者に限る。)

関連記事

PAGE TOP