INFORMATION

2022.10.6

RHQ支援センター第40期生及び第41期生の合同修了式を開催しました

2022年9月8日(木)、4月に開講した前期コースを修了した第三国定住難民コース(第11陣)6名と条約難民前期コース2名が修了式を迎え、オンラインで参列した関係省庁、国際機関など多数の来賓の前で、6か月間の定住支援プログラムを経て成長した姿を披露しました。

来賓の方々から、修了生に向けて、「半年間で学んだ日本語を活かして仕事を頑張ってください」、「定住地で新しい友人を作って楽しく生活してください」、「今日がRHQ最後の日ではありません、困ったり、悩んだりしたら、いつでもRHQに相談してください」など、これから始まる新生活に向けた励ましの言葉がかけられました。

修了生のスピーチでは、「日本に来てから、たくさんの人に助けられました、私は幸せです」、「先生に感謝しています、将来のために仕事を頑張ります」、「毎日勉強を続けて、もっと日本語が上手になりたいです」など前向きな言葉が聞かれ、これから日本社会で自立して暮らしていくための目標をしっかり持っている様子がうかがえました。

第三国定住難民コース6名は、RHQの支援で決定した住居と就労先がある定住地へ移転し、日本で新しい生活を開始する予定です。

関連記事

PAGE TOP